代表紹介

王丸 由博 プロフィール

経歴
  • 7歳から空手を始める
  • 西南学院大学 経済学部卒業後、一般企業への就職を経て、平成18年「実戦空手道 王丸道場」を開設
主な戦績
  • '00/'01 武人杯空手ワンマッチ2戦2勝2KO
  • '00/'02 全九州空手選手権大会準優勝2回
  • '02/'04 全日本総流派空手道選手権大会優勝・'03準優勝
  • '03 極真会館フェニックスカップ優勝
  • '04 極真会館ドラゴンカップ優勝
  • '05~ '14極真会館全日本大会出場
  • '05 正道会館全日本大会ベスト8
  • '07 極真会館宮崎県空手道選手権大会準優勝
  • '09 周防灘杯重量級優勝
  • '10 白蓮会館全日本大会重量級ベスト8 
安全対策
  • 普通救命講習修了
  • 格闘技医学界主催安全講習プログラム修了

ごあいさつ

私は当時、自宅の近所にあった空手道場に興味を持ち7歳から空手を始めました。子供の頃は空手に行きたくないと思う事もありましたが、母の励ましで続けることができ、今に至っています。

大学卒業後は大手旅行会社に入社し、忙しいながらもやりがいのある仕事と空手で充実した日々を送っていましたが、「強くなるためにもっと空手をしたい」と空手の道を選び、約4年で退職。

それ以降は空手中心の生活を送り、30歳を迎えた時に自分の特技を生かせる仕事を始めようと「実戦空手道 王丸道場」を開設しました。

現在同様、開設当時も団体などには所属しておらず、全く何もない状況からのスタートでした。そのような状況の中、応援し、協力してくれたのは共に本当の血と汗を流した空手の仲間たちでした。

道場を始めた頃は、昼間の仕事を終え道場へ行っても生徒が誰も来ず、夏場の夕暮れの西日がひどく身に染みたのを今でも覚えています。それから徐々に生徒が集まり現在では本部、支部合わせ4か所の道場を構え、開設14年目を迎えることができました。空手を続けさせてくれた両親をはじめ、これまでお力添えを頂いた皆様には感謝の念に尽きません。

私は幸運にも空手と出会うことができました。今、私が思うことは生徒たちにも「空手で幸せになって欲しい」ということ。幸せかどうかはその人の心の在り方次第です。空手で困難をも前向きにとらえるたくましい精神と、健康の土台となる強い肉体を育み、自分が幸せと思える人生を送って欲しいと思っています。

お申込み・お問合せ

お電話もしくはメールにて、どうぞお気軽にお申込み・お問合せください。

090-8222-0123
092-407-5355

稽古中などで電話に出られないことがあります。その場合、後ほど折り返しお電話します。

※メールは24時間受付中